注目を集めている人達

お金を握る手

資産運用に興味がある人であれば、不動産投資が気になっている人も少なからずいます。
不動産投資とは中古ワンルームマンションや1棟アパート、オフィスビルの区分所有等を保有し、その賃貸収入を得続ける、もしくは市場の動向を見ながら売却して利益を得る形態のことを言います。
株式と異なり、その価値がゼロになることが考えにくいため、安心して運用することができる資産と言えます。
しかし、最近では、中古ワンルームマンションやオフィスビルなどに直接的に資金を投下するだけでなく、証券化し金融商品とした不動産投資信託にも注目が集まっています。
この金融商品は多くの人がお金を出し合い、運営会社が出資者に代わって運用をしています。

そのため、自らが中古ワンルームマンションやオフィスビルを保有して運用する時とは異なり、専門的な知識が必要ありません。
また、直接的に運用している時には賃貸管理会社とのやり取りも必要になりますが、このようなやり取りも必要なくなります。
そのため、不動産投資信託は初心者に向いている金融商品ということができます。
1銘柄で多くの賃貸物件を保有しており、さらには銘柄によっては超大型オフィスビルや物流施設、商業施設などを保有しているものもあるため、単なる空室リスクの分散に留まらず、保有資産の分散にもつながります。
不動産投資信託には上場しているものもあり、上場銘柄であれば、証券会社に口座を保有していれば株式と同様に売買できます。